古いカメラには厳しい被写体
デジカメに慣れると明るさの設定も難しい。

rollei 35 led triotar fuji100
にほんブログ村 写真ブログへ
変わりゆく街並み、変わらない街並み。

2017年の冬

rollei 35 led triotar fuji100

rollei 35 led triotar fuji100

rollei 35 led triotar fuji100

rollei 35 led triotar fuji100
久しぶりにトリオターの画を撮りたくて。
1978年 生まれのローライLEDについているレンズです。

ゾナーよりさっぱりあっさり系ですね。
これはこれでいいと思いますが、撮る被写体を選びそうですね。
それにしても思ったような写真が撮れない。雑念が多いな。
rollei 35 led triotar fuji100

rollei 35 led triotar fuji100


Rollei 35 LED triotar Fuji業務用100にほんブログ村 写真ブログへ

2017.03.01 minolta HI-MATIC
ミノルタハイマチックを発掘してきました。
祖母の家の押し入れに 数十年ぶら下がっていた カメラです。

1979年生まれのミノルタ製
レンズは六甲生まれの ロッコールのF2.8
そして
なんと、AFですよ!! オートフォーカスね
露出も自動です。
フラッシュもついているし、セルフタイマーまである。
ついていないのはモニターとSDスロットル位かっ!
黒くて角ばっている当時流行のデザインですね。
ボディも樹脂製で軽いです。ちょっと大きいけど
とりあえず汚れていたので 
私「綺麗にして使えるかどうか見てみるね~」

祖母「持ってこないでいいからねー」

というわけで連れて帰ってきましたが、ボディ、ファインダー、レンズの清掃、カメラケースまで清掃です
ファインダーとフォーカス窓は軍幹部を外せば15分くらいで作業完了ですよ。意外に簡単だった
曇りも、ちょいカビも取れて クリアな視界になりましたよ。フォーカスも合いやすくなったことだろうと思います。
電池(単三2本)をいれて動作確認・・・・・・
何も問題なし!セルフタイマーもフラッシュも普通に動きます。オートフォーカスもまあまあです。

さて、試し撮りは。。するかなぁ。。ヴィンテージとも言えない微妙な年代の
一般普及カメラだし、すべてオートなのでやることもないし。ロッコールだし。
おそらく、ふつーの画が撮れそうですな。
まぁ気が向いたら 試し撮りでもしてみるかね。



正面
minolta HI-MATIC (1)

minolta HI-MATIC (2)
背面
minolta HI-MATIC (3)

minolta HI-MATIC (4)

minolta HI-MATIC (5)

謎の窓の秘密は フィルムをいれて巻き上げていくと
オレンジが左に移動していくので だいたいどのくらいフィルムを使っているかわかる。
カウンターついてるんですけどね
1 (1)


1 (2)


1 (3)


1 (4)

----------------------------試写編------------------------------
FUJI業務用100


minoruta Himachic (1)



minoruta Himachic (5)


minoruta Himachic (2)


minoruta Himachic (3)


minoruta Himachic (4)
ロッコールなかなか良いですね― 日本人のまじめさが伝わってきますね。
かっちりサッパリしていますが 結構好みかも。

しかしフォーカスミスが何枚かありましたね 遠方かな、個体差なのかな?そんなもんなのかな?

それにしても、まだまだ、現役で使えますね。

にほんブログ村 写真ブログへ
しつこくフィルムが続きましたがこれでおしまい、
24枚撮りですからね。

しかし、まだ先日手に入れたDial35の試し撮りがまだなのでそのうち 撮って見るつもり
そもそも、撮れるか分かりませんが・・・・


今回はローライ35S 横網編です

国技館でおなじみの両国の隣町は横網です、横綱と間違えがちですが
横網ですよ

ローライ35S 両国横網




ここはお勧めスポット
関東大震災、東京大空襲の復興記念館です
大震災の時の壊れた時計やレンガ、溶けた鉄や瓶、など貴重なものがそろっています。しかも無料で拝観できます。
これだけ資料がそろっているところは他にはないと思います。

ローライ35S 両国横網

ローライ35S 両国横網

にほんブログ村 写真ブログへ

だいぶ勘が戻ってきました。フィルムカメラは一発勝負ですからね。

昭和の風景が似合いますね。
発色も良いですね、ゾナーレンズのせいか、FUJIのフィルムのせいか。。。

ローライ35S 雑色

ローライ35S 雑色

ローライ35S 雑色
にほんブログ村 写真ブログへ

市場祭り編
ローライ35S 市場祭り


ローライ35S 市場祭り

ローライ35S 市場祭り
にほんブログ村 写真ブログへ

ローライ35SにFUJIの激安業務用フィルムを突っ込んで・・・散歩です。
以前デジカメのもUPしましたが
浅草編です。
ローライ35S 浅草

ローライ35S 浅草

ローライ35S 浅草
白鷺の舞
ローライ35S 浅草

ローライ35S 浅草

昭和レトロな店にはローライが合いますね
かき氷
ローライ35S 浅草

シロップがきれいです。この赤はゾナーの色なんですかね、くっきりです。
かき氷
ローライ35S 浅草
ホッピー通り
ローライ35S 浅草
ホッピー通り
ローライ35S 浅草
にほんブログ村 写真ブログへ

ローライ35Sでの撮影です
フィルムはFUJIの業務用(199円)格安フィルムです
小学校のころ廊下に張り出されていた遠足の写真の様な画質ですが。
レンズはゾナーですよ。
フィルムカメラの画質は、フィルム6割、レンズ3割、ボディー1割くらいと思っていますが
まぁ人それぞれでしょう。

まずは上野の不忍の池です
岩崎庭園
そして、財閥の屋敷
旧岩崎庭園です、財閥すげーと思える場所ですね
岩崎庭園

岩崎庭園

岩崎庭園

そして日暮里です 繊維問屋が並んでいる  布の街です
ローライ35S

ローライ35S

さらにお祭り
夜店です。
夜店文化がどれほどまでか分かりませんが
昔から見慣れた、当たり前の光景ですよ
ローライ35S

ローライ35S
中華街です
混んでますね――甘栗ももらえますが。だいたい断りますよ
リコー オートハーフ
逆光はフレアが少し出ますね。コーティングがダメなのでしょうか?
光の方向を気にしないとだめですねー まぁこれも味でしょうかね
リコー オートハーフ

リコー オートハーフ

大桟橋方面に向かいます
160313_AutoHalf (36)

リコー オートハーフ

リコー オートハーフ

リコー オートハーフ

リコー オートハーフ


赤レンガに向かいます
先週撮ったのも混ぜていきますよ
リコー オートハーフ


若干フレアが出ますね、このくらい仕方ないのでしょうかね

リコー オートハーフ

リコー オートハーフ

新しくできたショッピングモールですね、おくに船が見えるはずだったのに、、よく見えませんね
リコー オートハーフ
みなとみらい方面に向かいますよ
ランドマークタワーをみながら、、
リコー オートハーフ

リコー オートハーフ
ハードロックカフェ
160313_AutoHalf (29)
ドックヤードガーデン
160313_AutoHalf (30)
コスモワールドのメリーゴーランド
160313_AutoHalf (56)

いくらオートとはいえ48枚とるのは結構大変ですね。
でも、いいアジのある写真になりました、カメラとしてはファインダーを覗いてシャッタを押すだけの
手軽なカメラです、何の設定もいらないので適当に肩の力を抜いて撮れましたよ

今回もベタな横浜の観光スポットですが、そのうち横浜ディープゾーンも行こうかな
にほんブログ村 写真ブログへ
今週、先週とオートハーフをもって散歩です、
ハーフカメラなのでバシバシ撮っちゃいます

1976年 生まれの リコーから発売されたオートハーフE2です
フォーカス合わせや、シャッターレンズ合わせは全くいらない
押せば写る!くらいの誰でも使える簡単カメラ

ゼンマイを巻き巻きしながら バシバシとれる
ハーフサイズなので24舞撮りのフィルムでも48枚撮れるのでコスパも高いです。

当時は カメラといえば値段も高く操作も複雑、失敗写真もあるし お父さんの役割でしたが
ハーフで倍撮れるし手軽だし、女性の社会進出も増え色々と余裕が出てきた頃かと。。
などと、当時の様子に思いをはせながら。

リコー オートハーフ

今回は石川町駅で下車です、そういえば普段はバイクばかりなのであまりこの駅で降りたことはないかも
ここは、山手の洋館や元町、中華街にも近い駅ですね

駅を降りて 山をの上りますよ
外交官の家やら洋館があります、見学もできます

リコー オートハーフ


リコー オートハーフ

庭も整っていて素晴らしいですね、しかしこの時期は花もあまり咲いていないですね
以前来たときは花も咲いていて蝶の写真を撮りまくった記憶があります。
リコー オートハーフ

160313_AutoHalf (40)

北原さんのミュージアムにも寄ってみますよ
数年ぶりですが、相変わらずラブラドールも自由に歩き回っていますよ
リコー オートハーフ

リコー オートハーフ


元町まで下りてきました。
リコー オートハーフ

これから中華街方面に向かいますよ。
にほんブログ村 写真ブログへ
先日フォーカスを再調整していたら突如シャッターの羽が動かかなくなり困っていました。

オークションで1000円で落札してから いったい何時間かけてるんだろう?時給換算したら結構な値段になりますねーw



シャッターの秘密を探るべく、開けますよ。
ビスの位置とか忘れないように、デジカメでメモをしながらバラしていきます。
まずはここを外します。
リコーオートハーフE分解

リコーオートハーフE分解



リコーオートハーフE分解

リコーオートハーフE分解



『ヒ』の部分の 赤マルが
リコーオートハーフE分解

こいつにあたっていなかった
DSC_0533.jpg
悲しい結果に。。。。。
フォーカスがあってないぞ・・・

48枚頑張って撮ったのに・・カメラを分解した時にフォーカスをいじった形跡はなかったのに。

おかしいな、、、フォーカスもあっていそうなのもあるし、大きくずれているのもある。

レンズが動いているわけではないので

モルトを張り替えた時に厚さ2mmもモルトを使用したのがまちがいだった

ケースは閉まるが少しふかふかしてた。気にしなかったが モルトが厚すぎて

フィルム押さえ板がちゃんとおさえられていないのかな?

とにかく原因を追究して再挑戦だね

リコーオートハーフE

リコーオートハーフE

リコーオートハーフE

リコーオートハーフE

リコーオートハーフE
2015.05.15 YashicaFLEX Bにて
先日購入したYashicaでの試写です、

Yashicaflex

モノクロのブローニーフィルムASA100です
このカメラは低速ガバナー不良ですが、高速は問題なく撮れそうですね。

現像+CD焼付で1160円
しかも12枚撮りのフィルム。。。
持っているカメラで一番コスパが悪いです。

1957年発売のYashica flex B です、初めての二眼レフカメラですが、上から覗いて腰の位置で撮るのが面白い。


a0110 (2) (1024x1024)

yashikaFLEX B


yashikaFLEX B

yashikaFLEX B

にほんブログ村 写真ブログへ
そして、秋葉原に、
来るたびに変わるところは変わる
変わらないところは変わらない

狙ったシャッター速度で撮れたのが嬉しい
aOR1502170026 (2) (1024x679)
コダックTMAX100