FC2ブログ
佐渡ツーリング帰り不調の原因は
フロントタイヤの根元のベアリングが破損
破損の原因はわからないが、そもそも。10万キロ換えたことがなかった・・・・
換える部品だとも知らなかった。。日々の点検と消耗品の交換大事ですねー

とりあえず異音もなく走れます。。。がっ!!修理に出す日にメーターも回らなくなっていたのです
これの原因は 壊れたベアリングの部品がバラバラになってメータギアに入ってしまいウォームギアが動かないことらしい
しかも。メータギアはHONDAのほうでは廃番になっているので入手不能との事・・・・・・・・・!!!

という訳でとりあえずベアリング交換のみで。メーターは動かないが走る状態での退院になりました。 

メーター直さないと乗っていてもガソリンが気になって楽しめないし、スピード違反も嫌だし。。
そもそも整備不良だ。。。困った困った。。。マジで困ったぞ、、

とりあえずオークションで スティードVLXのメータギアBOXを落札してみた。
VLS(NC37)とVLX(NC26)とでは前輪の径が違うがどうにかなるかと思いきや、、、どうにもらなん


似て非なるものなり』VLXは前輪の進行方向左側にメーターギアがあるのに。VLSに限っては何故か右側(ブレーキディスクと反対側)
なぜだろう。。。。スプリンガーと何か関係があるのだろうか?

とにかく仕組みが分かっただけで特になくには立たない物を落札してしまった。。。
158017.jpg
左右対称だけに見えますが。。。。

158018.jpg

VLS用:44806-MBS-0003    VLX用:44806-MR1-0003
よく見ると部品に刻印してあります
そして、山の数が違う、、、、はず 
でも、とりあえず自分で状態を見なきゃ
前輪を外しますよ、自分で外すのは初めてです、怖いですな。
バイク仲間に相談をしながらやりますよ。
車の中にあるジャッキで持ち上げ外しますよ
158015.jpg


軸を外すのは24mmのレンチは車載工具を使用です、
キャリパーの抑えを外します×2

158023.jpg

前輪を外せばすぐメーターギアは取れます
158022.jpg
かなづちで軽くトントンしながらとります
158021.jpg
黒いダストシールはマイナスドライバーで力づくでとります
158020.jpg


中をあけると汚いですね、そして、ギアに鉄くずが詰まっています
ベアリングのボールなんですかねー 跡形もないですな
樹脂のギアのほうにも金属が刺さっていて全くギアが回らない状態です
パーツクリーナーとかで綺麗にしますが 樹脂ギアのほうの山がつぶれてしまっていますね
これじゃカミアワナイですな
158019.jpg

カッターで一個一個、山を作ってみますよもちろんつぶれて広がったところを切除するので
肉薄になるので耐久度は下がりますし抵抗も増えそうですな 1時間くらいシコシコ削りましたが
とりあえず回るようになりました 
そして組上げです 

動作確認してみましたがどうにかそれっぽい値を示していますのできっとOKでしょう
しかしだいぶダメージを折っていたので時間のもんだかもしれませんね

とりあえずよかった。

メーターギアはVLXと共通部品じゃないので気を付けて~の巻でした。
そして、バイク屋さんはそこまではやってくれないの巻でした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://steedvls.blog20.fc2.com/tb.php/1058-174be846